2014年01月26日

映画「ナチュラル」のレビュー & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 28 $の負け

今朝のぷいぷい占いでは大吉?扱いだったから、
今日は新しいことに挑戦してみようかな?
近頃、スーパードンキーコング3にハマってみよかと思ってるんだなヾ(☆o☆):ヲホホホホホホ・・・・
新たなことってゲームかいって話ですが・・・
遊びは生活の重大な要素ですマタネ♪ヾ(゚-^*)≡(((((((*゚-)ノ |EXIT|
共感??
要りません(´m`)クスクス

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と燃えております!!!ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ
と言ってもヤフーにある感想ですがラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ


本日は「ナチュラル」の感想について紹介しようかと思っています!(^0^*オッホホ


この映画が作られた年は1984年です!!

監督はバリー・レヴィンソン〔1942年生〕で、脚本がロジャー・タウンです!!ホホホ!(^O^)

この映画のメインは、ロイ・ホッブス演じるロバート・レッドフォードです!!!!エートォ (・o・) エートォ

取り敢えず、この映画の出ている人を列挙するとロバート・レッドフォード (ロイ・ホッブス)、グレン・クローズ (アイリス)、ウィルフォード・ブリムリー (ポップ)、リチャード・ファーンズワース (レッド)、キム・ベイシンガー (メモ)、ロバート・デュヴァル (マックス)、ダーレン・マクギャヴィン (ガス)、ロバート・プロスキー (判事)、マイケル・マドセン〔男優〕 (バンプ)、ジョー・ドン・ベイカー (ワマー)ってな感じ。(‐^▽^‐) オーホッホ

ほぉ。







ピッチャーじゃなくてどして野手なんだろか。







ロバート・レッドフォードが35歳に

なかなか見えないところがかわいらしい。



16年のブランク後にホームランが

バンバン打てるバッターねぇ。









ありえんでしょ。



野球的に見りゃツッコミどころはややたくさんありますけど、

ラストの照明花火といいアメリカ的良心を

オモクソ表現してたレッドフォードが

よかったです。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~。ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は七対子を説明したいと思います!!!!(_ー+_)逆ニヤ


トイツを7つそろえる特別な和了役です。

通常のアガリりの形は「4面子(メンツ)1雀頭」ですが、
この七対子(ちーといつ)はトイツを7つ揃えれば和了りとなります、非常に特別な役になっています。

すべて2枚ずつだという意味からニコニコとも呼ばれます。

2飜

面前(めんぜん)だけ



注意
見た目では、七対子(チートイツ)と一盃口(イーペイコウ)が成立しているように見える際でも、
成立役は七対子(ちーといつ)のみとなるんです。

中張牌(チュウチャンパイ)のみで七対子を作れば、断公九はつきます*゚o゚)ノ*゚o゚)ノ*゚o゚)ノコンチコンチコンチッ♪


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

七対子(出現割合:2.52%)
役満である国士無双を除くと唯一の特殊形がこの七対子。
もちろんDORAでは符計算はそのまま採用なので、点数自体 「二飜=1,600/2,400、三飜=3,200/4,800、四飜=6,400/9,600」(子/親)と計算される。
尚、七対子なので同じ槓子(同じ牌が4枚)は認められない。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じ「(゚~゚o)ウゥーン


今から2時間後には待ち焦がれた大学1回生の友だちとの麻雀だよ♪
楽しみだなあ~~ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪

DORA麻雀の場代




おすすめ記事




posted by だいだい at 22:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。