2014年04月14日

映画「ヒア アフター」のレビュー & DORA麻雀の役「三色同刻」

だいぶ体型がまずいことになってる(/ー ̄;)シクシク
ダイエットするべきだな。。

こないだデルモッティを小学校の時の友人にオススメされたんで
試しに飲んでみようかなぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!

●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと考えています!!!!"└|  `   ▽   ´  |┘"ワッハッハ!!
ってヤフーに載ってる感想ですがヽ(´▽`)/へへっ


今日は「ヒア アフター」の感想ですね(ΦωΦ)ふふふ・・・・


この映画の製作年は2010年です!!

監督はクリント・イーストウッドで、脚本がピーター・モーガン〔脚本〕です。(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

この映画のメインは何と言っても!!!マット・デイモン (ジョージ・ロネガン)です!!!!(*'へ'*) ンー

この映画の俳優さんは、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、デレク・ジャコビってな感じ。_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!

ヒアアフターとは来世という意味で、

臨死体験や「死」について描かれた、

でも決してホラーではない人間ドラマで

す。



私が最近観た中では一番面白かったで

す。



冒頭の津波のシーンから健気な双子、

本物の霊能者の苦悩など判りやすく描かれていて、

大きなテーマがあるにしても気難しくなく、

頭の悪い私にも娯楽作として楽しめました。



ラストは陳腐だけど気持ちいいハピーエンドで

すので、後味も良かったです。



●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯

麻雀の役って一杯ありますよね~(^▽^)/
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います!!!(`ー´)イヒヒ


萬子(マンズ)と筒子とソウズを使い、同じ数の刻子(こうつ)を揃えた場合につく役です。

3種類の数牌を使うため「サンショク」と呼ばれます。

同じサンショクでも、こちらは出現頻度がぐっと下がります。

言い換えると、作るのが非常に難しい役といえます。

ポンやチーをしても食い下がりがないのが特徴です。

三色同ポンとも呼ばれます。

ポン・チーをしても成立可能。同じ三色でも食い下がりはありません

見た目以上に難しい役で、実戦の中で見かけることもほとんどないといってもいいぐらいですよねヽ(゚∇゚(゚∇゚(゚∇゚o(゚∇゚)o゚∇゚)゚∇゚)゚∇゚)ノ ニパニパニパッ

対々和(といといほー)や混老頭といった役と理屈の上では複合可能ですが、三色同刻(さんしょくどうこー)そのものが非常に珍しいので、あまり見かけることがありません(||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)アウッ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・


DORA麻雀は違法なん?

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。σ( ̄、 ̄=)ンート・・・



DORA麻雀の評判を見る

今から1時間後にはついに待ちに待った大学院2年生の友だちとの麻雀だ。
早く来ないかな(・x・)ぷっ



おすすめ記事




posted by だいだい at 07:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。