2014年04月15日

映画「JFK」に関して & DORA麻雀の役「一盃口」

本日は6時から大雨みたいだΣ(・o・;) ハッ!

天気がわるいならば面倒だな~( ̄■ ̄;)!?

友達との約束があるからな~[壁]ii ̄)ブー
まあ、いっか~♪
キャンセルだヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

映画って本当に面白いですよね~
だから映画の魅力を伝えたい!と考えていますヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪
とは言ってもヤフーに載ってる感想ですが\(*T▽T*)/ワーイ♪


本日は「JFK」の感想について紹介しようかと思っています!!!ぐ~♪ d(* ̄o ̄)


この映画の製作年は1991年です!!

監督はオリヴァー・ストーンで、脚本がオリヴァー・ストーンです!ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ

この映画でメインで出てくる人はケヴィン・コスナー (ジム・ギャリソン)、トミー・リー・ジョーンズ (クレイ・ショー)です!!!"ノ(-________-;)ウゥーム・・・

この映画の俳優さんは、ケヴィン・コスナー、トミー・リー・ジョーンズ、ジョー・ペシ、ゲイリー・オールドマン、シシー・スペイセク、ウォルター・マッソー、ジャック・レモン、ドナルド・サザーランド、ケヴィン・ベーコン、サリー・カークランドってな感じほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

これって、ドキュメンタリーとして作るならわかるけど、

俳優に演じさせて描くようなモノなのかなあ、

と思いつつ観たら、長尺ながらスリリングな展開で

、クライマックスは随分興奮しました。



で、観終わって思うのはやっぱり同じで

、これって俳優が演じて描くべきものかどうか・・・。



映画はあくまで作り物であって、それが

また映画の面白いところ。



もし本作の目的が真実を暴く事だとしても、

どこかに虚構の臭いを伴う事は避けられません(約束事としての一種の安心感で

すな。



例えば、実物の死体と、死体役の俳優は

、やっぱり別物です)。



あるいは最初から真相をボヤかすのが

狙いなの?面白い映画なだけに、複雑な心境で

はあります。





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

麻雀の役って一杯ありますよね~v(・_・) ブイッ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は一盃口に焦点を当てたいと思いますヾ(☆o☆):ヲホホホホホホ・・・・


数牌の順子(シュンツ)同じものを2つ作ると"イーペイコウ"という役になります。
ポン・チー・ミンカンをした場合は成立しません。


例1:七萬 八萬 九萬④筒 ⑤筒 ⑥筒六萬 七萬 八萬5索 5索 5索西
例2:④筒 ⑤筒 ⑥筒6ピン 7ピン 8ピン6ピン 7ピン 8ピン①筒 ③筒白白
例3:②筒②筒③筒③筒④筒 ③ピン ③ピン ③ピン一萬 二萬 三萬發發


複合役:平和・タンヤオ・混一色(こんいつ)・チンイツなど

※例3は①筒でも和了となる形になるので一盃口が確定とならず、
先付け以上のルールにおいて、他に確定役がないと上がることができない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

一盃口(出現割合:4.75%)
手牌の中で同じ順子を2種類で成立する役。
牌効率を考えながら打つと「4556」等で5を切らずに「3467」を引いてくっつけようとすると案外簡単にできたりもする。狙いに行く、というよりは視野に入れて打つといったスタンスが望ましい役だ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。(*'へ'*) ンー



DORA麻雀

今日はこの辺で
しかし今日は目が痛いなあ
おやすみ~(=o=)お(=O=)や(=。=)す(=w=)み~~zzZZ

DORA麻雀の登録方法




おすすめ記事




posted by だいだい at 14:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。