2014年04月16日

映画「レイクサイド マーダーケース」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 4 $の勝ち

う~ん。まずい!太ってきたヽ(´・`)ノ フッ
ダイエットを始めないと・・

この間、モリモリスリムを河合予備校の時の友達に勧められたので
試しに飲んでみようかな(⌒-⌒)ニコニコ...

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を紹介したい!と燃えております。♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン
とは言ってもヤフーに載ってる感想ですがびゃははは (≧ω≦)b


今日は「レイクサイド マーダーケース」の感想を紹介しようかと思っています!!!(≧m≦)ぷっ!


この映画が作られた年は2004年です!!

監督は青山真治で、脚本が青山真治です†_(@`´@)βウッケッケ

この映画のメインは、並木俊介演じる役所広司です(━_━)ゝウーム

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
役所広司 (並木俊介)、薬師丸ひろ子 (並木美菜子)、柄本明 (藤間智晴)、鶴見辰吾 (関谷孝史)、杉田かおる (関谷靖子)、黒田福美 (藤間一枝)、眞野裕子 (高階英里子)、豊川悦司 (津久見勝)ってな感じ(=v=)ムフフ♪

“辛辣”という言葉だけでは覆うことが

できない“混沌”と“闇”にまみれた世界が

映し出される。



これは映画である。



が、事実でなかろうと、実際にこんなことが

起きいても、いなくても、人間が想像し得る以上、

これは現実に起こり得る“ケース”で

あると思う。



だからこそ、映画においても答えは

出ない。



主人公の男がそうであるように、現代の多くの人間が

、眩い光を直視できないのかもしれない。



では僕は、直視できないこの殺人事件に

対し、その背けた目線を何処に向ければ

いいのだろうか。





◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

麻雀の役って一杯ありますよね~щ(´∀`щ)ヶヶヶ(щ´∀`)щ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は二盃口を説明したいと思います!!!((アイソワライ…))○o。(; ゚∇゚)ノ_彡☆バンバン


二盃口(りゃんぺーこー)(二盃口(りゃんぺーこー))とは、同じ数牌の同じ順子(シュンツ)2メンツをひと組として、
これをふた組揃えた時につく役です。

門前(めんぜん)で完成させる必要があるのです。

1雀頭4面子ですと同時に七対子(チートイツ)と同じアガリの形でもありますが、
二盃口(リャンペーコー)としてホーラ可能です時、七対子(チートイツ)はつきませんv(*'-^*)-☆ ok!!


つまり、この役と七対子は、別に数えることが出来ないので5役にはなりません。

出現率がかなり低いです。成立条件が厳しいので割に合わない役です(^▽^;)
三翻役(門前(めんぜん)限定)


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

二盃口(出現割合:0.05% )
こちらも出現率はかなり低いし、加えて複合も狙いにくい。しかし手牌の変化から狙える役ではあるので、ここは役を高める、廻し打ちで回避するといった形で狙えるので意外と融通は利く。ただその場合は二盃口確定というのは中々難しく、手広く打つ場合の殆どが平和、一盃口(高め二盃口)といった形になる場面が多い。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。"o(-_-;*) ウゥム…



DORA麻雀のルールについて

今晩はこの辺で
しっかし今日は鼻が痛いなあ
おやすみ~お^(w^0^w)^や^(w^o^w)^す^(w^。^w)^み^(w^-^w)^♪☆・゚



おすすめ記事




posted by だいだい at 18:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。